イシダテツヤのブログ

平成の駆け込み寺

ウーバーイーツで初めてのデリバリーを”やって見た”

みなさん、お疲れ様です。

 

 

 

 

 

最近、鋼錬にはまっていまして、つい先日1期、2期ともにすべて見ました。

 

 

 

 

 

 

 

1期はかなり微妙でしたが、2期はかなりスッキリ見られました。

 

 

 

 

 

2期の最終回で、

”何かの犠牲なしに何も得られない、痛みを伴わない教訓には意味がない”

 

 

 

 

 

 

というセリフが響いた今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

 

人から言われて何かを学ぶより、実際にやらないとわからない。

 

 

 

 

 

 

 

人から言われてダメだとわかっていても、

やらないと気が済まないときは、ぼくはどうしてもやりたくなってしまうので非常に悩みものです.....

 

 

 

 

 

 

はい。

 

 

 

 

 

 

 

 

実は今日、社会人になって初めてのおつかいをしました。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:qqn22xy9k:20170830212121j:image

 

 

 

 

 

 

巷で話題のウーバーイーツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

デリバリーサービスを受けたのではなく、

 

 

 

 

 

 

ぼくが実際にデリバリーしましたw

 

 

 

 

 

 

 

 

ぼくは勤務地が恵比寿で、街中を歩いてると、

よくウーバーのバックを目にします。

 

 

 

 

 

 

 

ちょこちょこ気になって調べてみると、

 

 

 

 

 

 

 

結構面白いと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はそのウーバーイーツについて書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

まずウーバーの特徴は、今までデリバリーサービスをしなかった店舗がウーバーと契約を結び

 

 

 

 

 

僕のような配達員が、仕事を引き受けデリバリーをして手数料をもらうシステムになっています。

 

 

 

 

 

デリバリーサービスがなかったチェーン店や個人経営店などもやっていることと、

 

 

 

実際に仕事を引き受けてみて、

 

 

結構デリバリーの需要はあるように感じました。

 

 

 

ウーバーイーツのサービスは現状都内の主要地域でしか受けられません。

 

 

 

f:id:qqn22xy9k:20170830212800p:image

 

 

 

赤で囲まれてるラインがそこに当たります。

 

 

神奈川などでも需要はありそうですが、まだサービスは実施されていないようです。

 

 

ウーバーイーツのメリットは雇用関係ではないこと。完全歩合制ということです。

 

 

休みたいときに休み、やりたいときにやる。

 

 

デリバリーの件数と評価(はやくデリバリーをできたか、接客態度、身だしなみなど)によって報酬が変わってきます。

 

 

そして、一番のメリットだと感じたことは報酬が週払いということ。

 

 

日雇いのバイト以外は基本的に1ヶ月分の給料を月末にもらいますが、

 

 

ウーバーは週単位。

 

 

しかも日雇いは前もってシフトを入れないといけない関係で、急な用事などには対応できません。

 

 

その点ウーバーは、働く時間が自由で報酬が週単位なので便宜が非常にいい。

 

 

 

今日実際にやってみて売り上げはこんな感じ。

 

 

f:id:qqn22xy9k:20170830213510p:image

 

 

 デリバリーを昼2回、夜2回やって売り上げは約3000円。

 

 

デリバリーはチャリでやりまして、

 

 

 

昼は南青山と恵比寿。

 

 

 

夜は都立大学と、自由が丘。

 

 

 

チャリがオンボロでペダルがめっちゃ重たいので結構疲れました....

 

 

やはり性能が良くて新しいチャリは必須ですね。

 

 

ぼくは世田谷の多摩川沿いに住んでるので、

 

 

都心方面にいくのに一苦労しました。

 

 

昼は都心方面で働いてる人の需要が多いです。

いずれも会社まで届けに行きました。

 

 

デリバリーをすれば当然、値段は普段物を買う金額よりも上乗せされます。

 

 

ということは、収入にある程度余裕のある人。

 

 

収入にある程度余裕のある人は、いいとこに勤めている。

 

 

だから都心方面に昼は需要が多いのかもしれません。

 

 

一方夜は目黒方面で、いずれもご自宅にデリバリーしました。

 

 

一人は都立大学。一人は自由が丘。

 

 

目黒区は地価も比較的高いので、このエリア在住の方でも十分な需要があるようです。

 

 

ぼくみたいな都心方面に住んでいない人間には昼は動かず、夕方から夜にかけて動くのがいいかもしれません。

 

 

 

 

ちょっと長くなりましたが、

 

 

ウーバーイーツをまとめますと、

メリット

好きなときに働ける。

報酬が週払い

かなりいい運動になる。

 

デメリット

効率を考えないと時間を食う。

チャリの場合、性能が悪いと疲れて多く仕事をこなせない。(効率の面を考えれば原付がベスト)

 

 

次回はウーバーの登録流れから配達の開始までの流れを書きたいと思います。

 

 

それでは今日はこの辺で。